特定優良賃貸住宅とはどのようなものなのか、物件の探し方や申込方法も取り上げています。

都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜
都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜

人気がある特定優良賃貸住宅

聞いたことがある方は少ないかもしれませんが、「特定優良賃貸住宅」というものがあります。
これは平成5年に国によって定められた「特定優良賃貸住宅供給促進制度」を自治体が活用してできた賃貸住宅ですが、「特優賃(トクユウチン)」などとして人気になっています。
この制度の特徴になっているのがその住宅の質が高いという点でしょう。
それもそのはずで、特優賃制度が受けられる物件は各自治体の厳しい審査を通過する必要があります。
例えば東京都都市整備局によりますと東京都では、床面積は55平方メートル以上125平方メートル未満、さらには立地、日当たり、バリアフリーなども条件に入って来ます。
この特優賃制度を利用して住宅を建てた場合、自治体から建築費の補助や公庫融資分の利子の一部負担などを大家さんは受けることができるようになりますので、家賃を高くしなくても元をとることができます。
しかしこの制度はいつまでも利用できるというわけではなく、家賃補助は最長で20年ときめられており、契約家賃に達したところで補助はなくなってしまいますので注意が必要です。
このような特定優良賃貸住宅ですが、誰でもその住宅を借りられるというわけではありません。
一人暮らしを希望する方や、所得がある程度ないと入居は難しいとされています。
ではこれらの特定優良賃貸住宅はどのようにして探すことができるのでしょうか。
募集は、自治体が発行する広報誌などで知らされることになっていますので、それらの広報誌を見てみる必要があるでしょう。
さらに特優賃住宅は各自治体に認定された指定法人(不動産会社)が管理している物件もありますので、不動産会社で聞いてみるというのも良い方法です。
またインターネットで検索してみてもさまざまな物件を探すことができますので、その方法もオススメです。
そして気に入った物件が見つかったら、その期間内に申込書に必要事項を記入して郵送しエントリーしましょう。
この入居は抽選になっていますので、運にまかせるしかありません。
しかし2通以上申込書を送るとすべて無効になってしまうので抽選させようとして沢山送らないようにしましょう。
そして当選した場合にはさまざまな手続きが必要になるわけですが、特優賃の場合、礼金、仲介手数料はなく契約家賃の3ヵ月分の敷金だけになっています。
物件によっては、申込み者が多く、抽選の倍率はかなり高くなるともいわれていますが、根気強く応募し続ければ当選できるかもしれません。

関連サイト

  • 鎌田和彦についてはこちらのWebサイトがオススメです。

Copyright (C)2017都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜.All rights reserved.